番外編 はむはむヘヴン クリスマス編(和啓ver.)

  「わあっ・・・!」
  「どうしたんだ、啓太ハム?」
  「あっ、和希ハム!ほら、見てよ!」
  興奮を隠せないまま、俺は外を指差した。そこは一面の銀世界。いつの間にか、雪が降ったらしい。和希ハムも小さな歓声を上げた。
  「凄いな。まさにホワイト・クリスマスだな」
  「うん」
  俺は嬉しそうに窓に顔を押し当てた。寒いのは苦手なハムだけど、雪は特別。ふわふわ、キラキラ・・・眩しくって、綺麗で、俺は大好き!すると、そんな俺の心を読んだ和希ハムがやんわりと言った。
  「啓太ハム、そんな格好で外に出たら風邪を引くよ」
  「大丈夫だよ、和希ハム」
  今の俺は寒さなんか全く気にならないくらいワクワクしてた。すると、和希ハムが棚から白いマフラーを取り出し、てきぱきと俺に巻きつけた。
  「駄目だよ、啓太ハム、せめてこれくらいはしていかないと」
  それは編み物が趣味の和希ハムがクリスマス・プレゼントに編んでくれたものだった。和希ハムは過保護だけど、いつも優しい。このマフラーが暖かいのは大好きな和希ハムの心が籠もっているから。俺は和希ハムにキュッと抱きついた。
  「有難う、和希ハム」
  「啓太ハム・・・」
  和希ハムは嬉しそうに微笑むと、俺を強く抱き締めてくれた。和希ハムの温もりに包まれて、つい俺はうっとりしてしまった。
  「啓太ハムは本当に雪が好きだな」
  「うん・・・」
  恍惚とした俺に和希ハムは小さくキスをした。
  「・・・!」
  ハッと我に返った俺は途端に真っ赤になった。和希ハムはそんな俺の反応を悪戯っぽい瞳で見つめてる。もう・・・不意打ちなんてずるいよ、和希ハム・・・
  「好きだよ、啓太ハム」
  だけど、和希ハムの声がとっても甘かったから、もう少しだけ俺はこうしていたくなった。新雪の上をテチテチするのは楽しいけど、和希ハムと一緒にいるのはもっと、ずっと好きだから・・・
  「うん・・・俺も」
  和希ハムにお返しのキスをしながら、俺も胸に秘めた想いを囁いた。そして、どちらからともなく・・・
  「Merry Christmas」
  それから後は俺達だけの秘密の時間・・・♪

Comment

癒しのハム~

和啓だとハムでなくても甘いですが、ハムだと更なる甘さが・・・。BLであることを忘れてしまいそうなほど、ファンタジーです。新雪の上をテチテチしている2匹のハムを思い浮かべると、思わず和んで癒されます~(*^_^*)

2008/12/14 | pote[URL] | Edit

秘密の時間って・・・

ハムですが、結構、文化的な暮らしをしています(笑)ほのぼの甘いハムなので、この後は手を繋いで、二人でテチテチお散歩かも。でも、それって秘密にすることかな(笑)

2008/12/15 | Grace[URL] | Edit

        

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
09  08  07  05  03  02  01  12  11  09  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
The Garden
QR