番外編 はむはむヘヴン ハロウィーン編(和啓ver.)

  玄関のドアが開いた瞬間、頭から白いシーツを被った俺はその前に立ちはだかって大きな声を上げた。
  「わあ~」
  「・・・」
  和希ハムは声も出せず、目を見開いてる。やった!やった~!驚いてる!
  俺はパタパタと羽ばたきながら、嬉しくて和希ハムの周りをクルクルと踊った。あっ、いや、回った。
  「えっと・・・あの・・・啓太ハム、何をしているんだ?」
  「何って見ればわかるだろう?ハロウィーンの仮装だよ」
  ちょっと古典的だけど、仮装と言ったら、やっぱりお化けが基本だから。俺、一度、やってみたかったんだ、これ!
  「ああ、成程」
  「折角、お化けの仮装したんだから驚かせたくてさ。まずは和希ハムで試してみたんだ。成功したから、他のハムの処にも行ってくる!」
  タ~ッと駆け出そうとした俺を、和希ハムが後ろからふわりと抱き留めた。
  「和希ハム?」
  「駄目だよ、啓太ハム」
  「え~、どうして?」
  シーツから顔を出して、俺は不満そうに頬を膨らませた。すると、和希ハムが優しく言った。
  「まだ忘れていることがあるだろう?ハロウィーンの仮装は何のためにするんだ?」
  「あっ、そうか」
  俺はポンと手を叩いた。
  一番肝心なことを忘れてた。俺はシーツを被り直すと、和希ハムに両手を差し出した。お菓子をくれってのがバレバレだけど・・・
  「Trick or treat!」
  「・・・」
  すると、和希ハムが急に真剣に俺を見つめた。まるでヴェールでも扱う様に静かにシーツを捲る。
  「和希、ハム・・・?」
  何か妙に緊張してきた俺の耳元で、和希ハムがお菓子よりも甘く熱い声で囁いた。
  「良いよ・・・今夜は啓太ハムに一杯、ごちそうしてあげる」
  「・・・!」
  ポンッと俺は沸騰した。それから後は俺達だけの秘密の時間・・・♪

Comment


        

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
09  08  07  05  03  02  01  12  11  09  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
The Garden
QR