番外編 はむはむヘヴン ヴァレンタイン編(中啓ver.)

  俺は溶かしたチョコを前に少し・・・いや、かなり困ってた。
  今日はヴァレンタイン・・・恋人同士が想いを伝え合う日。だから、俺は中嶋さんハムに渡すトリュフ・チョコを作ろうとしてた。でも、隣に中嶋さんハムがいると何か緊張する。中嶋さんハムは、なぜかずっと傍にいて俺を見てた。もしかして、俺が火傷しないよう心配してるのかな。だったら、凄く嬉しいけど・・・だからこそ、手が止まってしまう。中嶋さんハムが食べてくれる様なチョコを作りたいから・・・
  困惑してる俺に中嶋さんハムが呆れた様に嘆息した。
  「お前はいつまでそうしている気だ」
  「だって・・・」
  もごもごと俺は口籠もった。すると、中嶋さんハムがどこからか綺麗にラッピングされたチョコを持って来た。
  「中嶋さんハム・・・それ、どうしたんですか?」
  甘いものを食べない中嶋さんハムがチョコを持ってるはずがない。なら、そのチョコは・・・俺へのプレゼント?
  嬉しそうな俺を見て、中嶋さんハムは小さく口の端を上げた。そして、自分で包みを解くと、それを俺が溶かしたチョコの中に総て入れてしまった!
  「あっ、中嶋さんハム!」
  「騒ぐな」
  チョコを混ぜながら、中嶋さんハムが言った。仕方なく俺は二人のチョコが溶けて一つになるまで黙って眺めてた。そうしている内に、何だかそのチョコが中嶋さんハムと俺の様に見えてきた。最初は全く違う二人だったのに、今は一緒にいる。俺達もこのチョコの様にいつまでもこうしていられたら良いな・・・
  俺はそっと中嶋さんハムを見上げた。でも、中嶋さんハムは俺の視線に気づかなかったのか、冷凍庫を開けると、中から硝子の器に盛ったヴァニラ・アイスを取り出した。
  「あっ、いつの間にそんなもの・・・」
  「お前が手間取るとわかっていたからな」
  「ごめんなさい・・・」
  しょんぼりと俯く俺の頭を、ふわりと中嶋さんハムが撫でた。
  「啓太ハム」
  呼ばれて顔を上げると、俺の目の前にホット・チョコの掛かったアイスの器があった。中嶋さんハムがそれをスプーンに取って差し出す。
  「えっ!?あの・・・」
  まさか・・・食べさせてくれるのかな。でも、普段は絶対そんなことしないハムだから、俺は信じられなくて、ただぼ~っと中嶋さんハムを見つめてた。
  「食べないのか?」
  「た、食べます!食べます!」
  俺は中嶋さんハムの気が変わらない内にパクッとスプーンを咥えた。すると、途端に甘いアイスとビターなチョコの温かくて冷たい不思議なハーモニーが口の中に広がった。
  「凄く美味しいです、中嶋さんハム!」
  幸せ過ぎて、思わず、俺はキュッと中嶋さんハムに抱きついた。そうか、と中嶋さんハムは囁いた。今度はお返しに俺から中嶋さんハムにスプーンでアイスを差し出した。
  「はい、中嶋さんハム」
  「・・・」
  中嶋さんハムは少し驚いた顔をしたけど、素直に俺の手からアイスを食べた。
  「どうですか?」
  「甘いな」
  「そうですか?俺、そこまで甘く感じなかったけど・・・アイスが多かったのかな」
  コクンと俺が首を傾げると、中嶋さんハムがシニカルな微笑を浮かべた。
  「なら、お前にも分けてやる」
  そう言うと、あっと思う間もなく中嶋さんハムの端正な顔が近づいてきた。俺は静かに瞳を閉じた。それから後は俺達だけの秘密の時間・・・♪

Comment

冷たい甘さと温かい甘さですね

啓太ハムが作ってるチョコを、結構楽しみに待ってるのかな?中嶋さんハムは。顔には出さなくてもしっかり見守っているんですね。

冷たいアイスと温かいチョコ相反するものですが、中嶋さんハムと啓太ハムのように一緒になると、時には甘く、時には温かく、時には冷たく色々なハーモニーを奏でてくれますね(^_^)
でも中嶋さんハムはやはりスプーンで食べさせるより、・・・の方が似合うかなぁ(笑)。

2009/02/18 | pote[URL] | Edit

中嶋さんハムは意外に甘党だったりして・・・♪

相反する二つのものを一緒に食べると美味しいです。正反対の様に見えて実はしっくりいく、まさに二人の関係そのものです。

冷凍庫にまだ残っているだろうヴァニラ・アイスは、後日、中嶋さんハムの飲むエスプレッソを掛けたコーヒー・アフォガードになって啓太ハムの口に入りそうです。そして、食べさせて下さいと甘える啓太ハムを焦らす中嶋さんハム。先に溶けるのはアイスか啓太ハムか・・・って、なぜか大人仕様の展開になっています、ハムなのに(笑)

2009/02/18 | Grace[URL] | Edit

        

09 | 2017/10 | 11

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
09  08  07  05  03  02  01  12  11  09  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
The Garden
QR