和食に憧れるけど・・・

今週は四回、お米を食べました。

半月近く、白いご飯とは縁遠いこともあるので、これは多い方です。少し前にジャージャー麺に凝っていましたが、ずっと麺類ばかりも良くないと思い、その具をご飯の上に乗せてみました。つまり、ジャージャー丼です。

見た目はキーマ・カレーの様ですが、味はジャージャー麺と大して変わりません。

一々食事に時間を割くのが煩わしいので手軽な麺類が多くなってしまいます・・・好き嫌いが激しいのも大きな要因ですが。そういえば、味噌汁を最後に飲んだのは一ヶ月以上前です。

ああ、たまには和食が食べたいです。ご飯と味噌汁と魚。魚は春以来なので鯖が良いです。他には・・・まだ少し早いかもしれませんが、寒ブリかな。鯛飯も良いかも・・・♪

まあ、そんな夢を見ても仕方がないので、週末辺りに秘密の小部屋にあるお粥作り器を出そうかな。あれなら、スイッチを入れて放っとけば勝手にお粥が出来ます。

ただ、それには一つ問題があります。

先日、母がくじ引きでコーヒー・メーカーを当てました。貰えるのは嬉しいですが、内心はかなり複雑です。秘密の小部屋には、一体、コーヒー・メーカーが何個あるのか。未使用エスプレッソ・メーカーを合わせれば三つ・・・それとも、四つでしょうか。もう正確な数さえわかりません。なので、下手に漁るとボロが出そうです。

・・・やっぱり当分は大人しく麺類を食べることにします。

 

草稿は順調・・・かな

この連休は、まったりと過ごしました。

お陰で、次の中啓長編の草稿が少しだけ捗りました。去年同様に『序』を元旦にUPします。まだ和啓長編の最後が仕上がっていないのに、今は頭が中啓しています。中嶋さんBDがあったためでしょうか。

タイトルはまだ秘密です♪

『誤認』は思い切り、その前振りになっています。和啓長編の設定に基づいてのアナザー・ストーリー的なので啓太の設定に多少の捏造(?)が入っています。和啓編を読んでいなくても話は追えると思います。ただ、いきなりでは少し抵抗があるかもしれないので『誤認』を書きました。まあ、これも読まなくても問題ないと思います・・・多分。時期は『曙光』の後ということしか決めていません。なので、続編という訳ではありませんが、その流れは引き継いでいます。

『はむはむヘヴン』は好評で安心しました。ハムなのにBL(?)というのもと思いましたが、ライトに仕上げました。以前、『とっとこハム太郎』の可愛さに嵌まっていたので、ハムへの愛が蘇ってしまいました。それで、つい勢いづいてクリスマス編まで書いてしまいました。これも和啓と中啓があります。和啓はあまり甘さに差がないですが、中啓は楽しいです。中嶋さんハムでしか出来ない甘い行動を存分にして貰うつもりです。啓太ハムも高校生ではないので、かなりお子様です。

『はむはむヘヴン』は主に記念日やイベントのある日を中心に不定期にUPしようと思います。でも、可愛く、ほのぼのなハムの世界なので、間違っても『For adult only』はありません(笑)

 

番外編 はむはむヘヴン 中嶋さんハムBD編

  今日は大好きな中嶋さんハムの誕生日。
  いつも冷たくて、ちょっと怖いけど、本当はとっても優しいハム。王様ハムのサポートも今日は早く終わったから部屋にいると思ったのに、どこ行っちゃったんだろう・・・
  俺は中嶋さんハムをあちこち探し歩いて、とうとう野原に辿り着いた。もう十一月も中旬を過ぎ、少し肌寒い。くしゅっとくしゃみが出る。空を見上げれば、沢山の星が光ってた。
  「中嶋さんハム・・・」
  こんなに探しても見つからない。どうせなら、今日中に渡したかったのに。小さな包みをキュッと胸に抱え、俺は少し切なくなってクスンと鼻を鳴らした。そのとき、あの耳障りの良い低い声が聞こえた。
  「啓太ハム、こんな処で何をしている?」
  「・・・中嶋さんハム」
  嬉しそうに俺が振り返ると、大きな木の後ろから中嶋さんハムが現れた。軽く眼鏡を押し上げる。それは中嶋さんハムの癖だけど、そんな些細な仕草までもが格好良い。俺は暫く見惚れてしまった。
  「啓太ハム」
  「あ・・・えっと、俺、ずっと探してたんですよ」
  「そうか」
  「どこかへ行くなら、俺にも声を掛けてくれれば良かったのに。お陰で、二千テチテチは歩かされました」
  照れ隠しにプウッと脹れる俺を見て、中嶋さんハムは小さく口の端を上げた。そして、言った。
  「ここで星を見ていた」
  「中嶋さんハムは星が好きなんですか?」
  何だか意外な気がして、俺はコクンと首を傾げた。いや、と中嶋さんハムは呟いた。
  「だが、見ていて厭きない。ハムの心と星だけは望んでも手に入らないからな」
  中嶋さんハムは、じっと俺を見つめた。いつも自信に満ちたハムだけど、今夜の中嶋さんハムはちょっと不安そう。きっとこんな寒い場所で一人でいたからだ。でも、もう大丈夫。俺が見つけたから・・・
  俺は静かに微笑んだ。
  「俺の心は中嶋さんハムのものですよ」
  「ああ・・・知っている」
  「それに、中嶋さんハム、あの星は無理だけど代わりの物なら・・・ここにあります」
  大切に持っていた包みを俺は中嶋さんハムに差し出した。ふわりと解けるそれを中嶋さんハムが不思議そうに見つめる。そこには白とピンクの金平糖が二つ。
  「ほら、星と同じ形をしてるでしょう?俺から中嶋さんハムへ誕生日プレゼントです」
  「・・・」
  無言で中嶋さんハムは一つ摘まんで口に入れた。お前も食べろと瞳が言う。俺もピンクの金平糖を一つ食べた。
  「甘い・・・」
  「確かに甘いな。だが、たまには・・・悪くない」
  「誕生日おめでとうございます、中嶋さんハム」
  「ああ」
  穏やかに微笑んだ中嶋さんハムが俺の手を取った。しっかりと繋いで、二人静かに暫く星を眺める。でも、それから後は俺達だけの秘密の時間・・・♪
 

妖精さん・・・♪

昨日、妖精さんが現れました。

我が家では物が不意にどこかへ消えてしまうと、総て妖精さんのせいにします。『妖精さんが持って行った』とか、『妖精さんが借りて行った』など色々です。

最初に言い出したのは主です。

今では、このファンシーな言い回しを家族で普通に使っています(笑)なのに、他の人から『妖精さんじゃない?』と言われると驚きます。

  『えっ!?どうして知っているの?』
  『だって、良くそう言うから』

ああ、もう無意識の底まで染みついています。

家族が、皆、それぞれ妖精さんを飼っています。でも、どうやら主の妖精さんが最も数が多い様です。つまり一番、よく物を無くします。母からは『その手に触られると、もう二度と見つからない』とまで言われます。全部、妖精さんのせいなのに・・・多分。

コレクション品は秘密の小部屋、大切なものはアーカイバと分類してしまって(?)あるので無くすはずないのですが、どうでも良いものはなぜか行き方知れずになります。

昨日はブラシが消えました。

最後に使ったとき、きちんと元の場所に戻したはずですが・・・なぜか今日はそこにありませんでした。取り敢えず、暫くは代用品で我慢します。あのブラシは妖精さんには大きいと思うので、直ぐに返してくれるでしょう。

それを信じて待っています・・・♪

 

やることには事欠きません

徐々に暮れが押し迫って来る今日この頃、年賀状の印刷をしなければと思いました。

毎年、ローソンで印刷を頼んでいます。PCがあるのに自分では決してしない怠け者です(笑)今年もそうするつもりでした。ところが、友人の父親がやってくれると言ってくれました。

おじさんは定年退職して暇そうなので頼って貰えると嬉しいと友人に言われ、お言葉に甘えてお願いすることにしました。来週早々にもお宅にお邪魔して、お茶でもしがてら、デザインなどを決めるつもりです。おじさんは少し強面な感じですが、友人曰く、人見知りが激しいそうです。そうは言われても、昔から親子で仲良くして貰っているので今一つピンときません。本当に人は外見に寄らないものです。

寄付金つきと、普通の二種類あるのですが、両方ともやってくれそうです♪

枚数は最盛期よりは随分と少なくなり、もう年賀状なんて必要ない気がしますが、それしかやりとりしていない人もいるのでダラダラと続けています。ただ、宛名はいつも自筆で書いています。PCで印刷出来るのですが、友人には更新の度に引っ越す人もいるので一々それを入力するのは面倒です。なので、アナログが一番です。

取り敢えず、今月中にはポストに投函、が目標です。

週末にはクリスマス・ツリーも出したいので、秘密の小部屋を漁らないといけません。部屋の掃除もポチポチ始めないと、年末の大掃除で地獄を見ることになります。あの欄間掃除が待っているので!

年内SSにメドはついたのに、ああ、猫の手も借りたいほどです。しかも、ラヴリーは掃除し始めると鳴くので困ったちゃんです。モーター音が怖いのでしょうか。ごめんね、ハニー・・・でも、綺麗になった部屋で写真を撮ってあげるから。少~しの間、我慢してね♪

 

秋の夜長は良いけれど・・・

年内UPのSS草稿は殆どメドが立ったので、過去のSSの一斉改稿を行うことにしました。

改稿と言っても、それほど大袈裟なものではありません。改行を少し変更したり、細かな言い回しを統一する程度です。誤字は普段から頻繁にサイト内検索を掛けてチェックしていますが、脱字や逆に字が多いなどのミスは通して読んでみないとわかりません。草稿に行き詰ったときや長編との整合性を確かめるために自分のSSを読み直して気づいたものは随時、訂正はしています。でも、良く読むSSとそうでないものがあるので年を越す前に総て調べることにしました。

どのSSも一ヶ月近く、長いものは半年以上も寝かせてからUPしているため、推敲は充分にしてあります。なので、今更、展開に手を加える気はありません。改稿というのは少しオーバーかもしれません。しかも、SSのリンクはそのままで行うので訂正しても、多分、誰も気づかないと思います(笑)

まあ、掃除の様なものです。

でも、一年分以上のSSは読み応えがあります。少しは表現力が上達していると良いけど。それを確かめる良い機会かもしれません。

クリスマスSSは和啓・中啓ともにほぼ草稿が完成しました。二つとも去年のクリスマスSSの続編で大人仕様です♪

和啓は仮タイトルですが、サクサク仕上がりました。相変わらず、甘いです。そもそも、この二人で甘くないSSなんて書けないです。内容は少し大人な和希です・・・色々な意味で。そして、中啓は・・・前回、こちらの羞恥プレイになりそうと書きましたが、恥ずかしいのはお互い様ということで、その役は中嶋さんに押しつけることにしました。でも、あの程度では全く動じない中嶋さん・・・さすがです。まあ、中嶋さんが頬を真っ赤に染めている姿なんて想像出来ません。これも甘いですが、中嶋さん的な感じに仕上げました。過ぎたるは及ばざるがごとし、です♪

和啓長編は数字の上では最後へ向けて収束する段になりました。でも、今週UP予定のSSが流れ的には折り返し地点です。伏線は既に張り終えています。まあ、今作はそんなになくて助かりましたが、前作との兼ね合いとう点においては大変でした・・・って、もう過去形になっています(笑)まだ最後の草稿が残っていますが・・・何とかなるでしょう。

なので、また眠れない夜が続きそうです(笑)

 

去年に続き、またもやフライングです(笑)

今日、中嶋さんBD記念SS『幸運』をUPしました。

記念SSにしては(そうでなくてもですが)糖度が少し低いです。これでも増量しました。草稿では中嶋さんは指一本も啓太に触れていませんでした。しかも、中嶋さんが啓太に駆け寄るシーンまでありました。さすがにこれは中嶋さんらしくなくて削除しましたが、そうしたら更に甘さが足りなくなってしまいました。そこで色々二人をくっつける方法を考えました。それは何とか巧く(?)いきましたが、またもやキスなし・・・う~ん、中啓のキス・シーンは非常~に難しいです。どうしてもそこへ持っていけません。放っておいても勝手にキスする和啓とは大違いです。思えば、『曙光』でも苦戦しました。キスは中嶋さんの最大級の愛情表現です。だから、なかなかしてくれないのかもしれません。

次の中啓長編はその辺りのことも織り込めたらと考えています。既に少しずつ書き始めています。今、連載中の和啓長編の中にも布石を少々打っています。二つの世界は表と裏の関係なので。ただ、まだ全体の展開が決まっていません。序盤は殆ど出来た気がするので、それをどうやってコンセプトに則った流れで広げるかで少し悩んでいます。しかも、未だにタイトルがついていないのが問題です。

タイトルは短編・長編を問わず、拘ってつけています。

内容を端的に表すものであると同時に、話の重要な要素だったりもします。タイトルの意味がわかれば、オチも読めそうです。なので、早く決めたいのですが、やはりもう少し流れが出来ないとつけられない様です。

取り合えず、今は和啓長編の残りの草稿とクリスマスSSに全力を傾けます。

今年は小品を二つでなく、それぞれ一つの短編としてUPする予定です。既に和啓ver.は出来ました。流れは去年のクリスマスSSの続きで・・・大人仕様です。これから、中啓ver.を書くつもりです。どちらも等しく愛を注いでいるので、当然・・・♪

でも、中啓でR18を書くのは初めてです。『啓太の誘惑』中啓ver.がありますが、あれは酔った啓太なので、素面だと事情が違います。真面目に啓太に啼いて貰うのは少し恥ずかしいです(笑)参考にと他所様へ足を伸ばしましたが・・・やはり中嶋さんは言葉攻め?ベタ甘、ラヴラヴを目指しつつ、もしかして、こちらの羞恥プレイかもと思っています(笑)本当、中啓はハードルが高いです。

それでも、年に一度なので頑張って書こうと思います♪

 

今更ですが、『50の質問』をやってみました

日頃から遊びに行かせて貰っているpote様のBlog『終わりの始まり』で、『学園ヘヴン好きに50の質問』を答えていました。それを読んでいる内に、やってみたい気がしてきました。なので、堂々と真似っこです(笑)


Q01.あなたの名前を教えて下さい。
    Graceです。猫ですが、人称はごちゃごちゃです(笑)

Q02.学園ヘヴンをどうやって知りましたか?
    身近な知り合いにBLアニメという理由で録画させられました。なのに、結局、当の本人は見なくて、溜まったVTRを消す前に一話くらいは見ようと思ったのが最初です。

Q03.何に惹かれましたか?
    特にないです。一通り最後まで見ましたが、殆ど惰性でした。放送終了後は普通に記憶から消えていきました。今にして思えば、信じられません。

Q04.で、いつ買いました?
    それから暫くして他のゲームを買いに行ったときにPS2の二種類を見つけてアニメを思い出しました。数ヶ月の間に三度も目につき運命を感じました。その三日後、あったら買おうと思って店に行きました。そして、最後の一つを両方とも・・・♪

Q05.「伊藤啓太」から名前の変更が可能ですが、変えてます?
    変えていません。名前がついている場合は、いつもそうです。

Q06.今現在の一番好きなキャラは誰ですか。
    和希と中嶋さん!甲乙つけ難くて、どちらか一人なんて選べません。

Q07.プレイ前と後で一番好きなキャラは変わりました?
    そもそも、プレイ前に好きなキャラがいなかったので変わりようがありません。

Q08.変わった人、誰から誰に変わりました?
    ・・・

Q09.変わらなかった人、そうは言ってもちょっと他のキャラに惹かれたりもしましたか?(笑)惹かれた人は誰に?
    ・・・

Q10.プレイ後、プレイ前より印象がよくなったキャラはいますか?
    全員ですが、強いてあげれば、和希と中嶋さんです。アニメでは全く印象がなかったのに、ゲームでここまで嵌まるとは思いませんでした。

Q11.どうよくなりました?
    こんなにキャラの立った人だったのね・・・♪

Q12.プレイ後、プレイ前より印象が悪くなったキャラはいますか?
    いません。何せアニメでは誰も印象に残っていなかったので。

Q13.どう悪くなりました?
    ・・・

Q14.全く持って印象の変わらなかったキャラは?
    いません。ゲームのお陰で、皆、色々な印象がつきました。

Q15.初EDは誰のどのEDでしたか?
    王様とのラヴラヴ。取り敢えず、上から順番です。

Q16.一番好きな友情EDは誰のですか?
    王様。爽やかな感じで好きです。

Q17.一番好きなラブEDは誰のですか?
    和希と中嶋さん♪またもや、どちらか一人なんて選べません。

Q18.一番好きなキャラの表情は? (一番好きなキャラでなくても良いです)
    和希が頬を掻くところかな。全くあり得ない癖が良いです(笑)

Q19.ギャラリー内のイラストのうち、一番のお気に入りはどれ?
    月を背負った中嶋さん♪もう眩暈がします♪

Q20.一番燃えたHシーンはどれ?
    やっぱり中嶋さん・・・ああ、でも、和希も捨て難いです♪またもや選べません。

Q21.逆に一番拍子抜けだった(物足りなかった)Hシーンは?
    篠宮さん。あれっという感じでした。

Q22.啓太相手のお気に入りカップリングは?
    勿論、和希と中嶋さん♪

Q23.啓太抜きでの一押しカップリングは?
    う~ん、難しいです。啓太受けは確定事項なので、それを抜かれると誰を選べば良いかわかりません。そもそも考えたことがないので・・・

Q24.学生会と会計機構、入るならどっち?
    学生会です。中嶋さんを見ていたいです♪

Q25.弓道部、手芸部、テニス部、美術部。入部するならどこがいい?
    手芸部です。家族から『怨陽師』と呼ばれる刺繍の腕前を披露します。

Q26.いやむしろ、滝君のパートナーがいい人。
    あ~、自転車はパスです。転んで痛い思いをしたので(笑)

Q27.誰かになれるとしたら、誰になって何をしたい?
    トノサマになってコロコロです。

Q28.父にしたいキャラは?
    和希かな。パパ~っておねだり♪

Q29.兄にしたいキャラは?
    王様。頼りがいがありそうです。

Q30.弟にしたいキャラは?
    中嶋さんです!性格はどうであれ、兄弟・姉妹において年上は絶対的存在です!有無を言わせず、中嶋さんをこき使える立場になりたいです!

Q31.友人にしたいキャラは?
    西園寺さん。趣味がかなり共通しているので、会話が弾みそうです。お茶も美味しそう♪

Q32.彼にしたいキャラは?
    ゲーム中には出てきませんが、和希パパ。和希や中嶋さんも良いですが、二人は啓太とくっついて欲しいので・・・♪

Q33.イヤむしろ見ているだけでいいです的な、お近づきになりたくないキャラは?
    岩井さんです。絵の才能は認めますが、背景が重過ぎて・・・

Q34.いろんな意味で学園ヘヴン史上最強キャラは?
    文句なく、啓太です。和希と中嶋さんをも上回る啓太に勝てる人はいません♪

Q35.理事長が和希なのは最初から気付いていましたか?
    はい、アニメを見たので。

Q36.どこで気付きました?
    ・・・

Q37.伊藤啓太(主人公)について一言。
    可愛くて素直な良い子♪将来的な器は誰よりも大きいので、頑張って自分を磨いて下さい。

Q38.遠藤和希について一言。
    啓太のために地位と権力・財力の総てを使って驀進する貴方が好きです♪

Q39.丹羽哲也について一言。
    猫は可愛いのに。マイ・ラブリーの写真を送ってあげますね。

Q40.中嶋英明について一言。
    善悪などを全く気にせず、我が路を貫く貴方が好きです♪

Q41.西園寺郁について一言。
    今度、クラッシックを一緒に聴きましょう。

Q42.七条臣について一言。
    PC操作を教えて下さい。我がパソ子はじゃじゃ馬なので。

Q43.成瀬由紀彦について一言。
    美味しいスイーツを作って~♪

Q44.滝俊介について一言。
    噂のたこ焼きを食べてみたいですが、出来れば、たこ抜きが良いです・・・

Q45.篠宮紘司について一言。
    お粥好きなので、是非、一度・・・♪

Q46.岩井卓人について一言。
    良い絵を書いて下さい。

Q47.海野聡について一言。
    猫に人間の食べ物を与えてはいけません。

Q48.トノサマについて一言。
    キャット・フードを食べましょう。栄養的に最適です。

Q49.他、誰か言いたい人について一言。
    ああ、石塚さん・・・こんなにも片想いが似合うキャラが、かつていたでしょうか!?河本さんも同類項です。二人は報われない想いに鬱々として、やがて暴走するのが良く合います♪

Q50.ラストに暴走して下さい! 学園ヘヴンの魅力を思う存分語って下さい。
    アニメでは軽くスルーしたのにゲームで嵌まりました。『限りなく黒に近い灰色』の人生を歩いてきたのに、終にその最後の一線を踏み越えさせた『学園ヘヴン』・・・恐るべし、です。しかも、脇キャラに至るまで光っています。特に石塚さん&河本さんの見せ場がもっと欲しいです。ああ、でも、啓太とのCPは成立しない方向で。遠くから幸せそうな啓太と誰か(和希か中嶋さんを熱望します)を見つめる、忍ぶ大人の秘めた愛をフル・ボイスで♪そうでなければ、強く想うあまりに壊れゆく破滅的な・・・ああ、でも、これはBad Endになりそうです。やはり二人は永遠の片想いが良いです♪
    あ~、和啓&中啓好きのはずなのに、なぜか別の人を熱く語っています。あまり二人について書く機会がなかったので、この際、バ~ンと言ってしまいました(笑)


たまには、こういうのも面白いですね。でも、サイトはあくまでも和啓&中啓です♪



 

内心は複雑です・・・

今日はハロウィンです。

駅前で、子供や大人が魔女や怪しいお化けの仮装をしているのを見て思い出しました。以前はあまり馴染みのない習慣でしたが、いつ頃からか、仮装行列が練り歩く様になりました。なのに、主の頭はハロウィンというより冬コミの当落発表の方が大きなウェイトを占めていました。

こっそりSS書きに専念出来るかどうかが、今日、決まります!

気分は合格発表を待つ受験生です。いつも身近な知り合いにこき使われる身としては、どちらになっても複雑なところです。受かっていれば、良かったね・・・が、修羅場に巻き込まれる日々が再び始まります。落ちていれば、残念だったね、と言って慰めなければなりません。個人的には興味のないジャンルなので、その愚痴を聞くのは少々辛いです。

そして、結果は・・・落選でした。

密かに、ほっとしてしまいました(笑)まあ、今回は本人も少々乗り気でない面もあった様なので、あまり文句もありませんでした。寧ろ、来年の夏コミの方が萌えているので、その前に一度、落ちていた方が受かる確率が高いと思ったのかもしれません。

それに、落ちている予兆もありました。

我が家の前は事故多発地帯ですが、大抵は車同士の衝突事故です。でも、今日は人身事故が起こりました。しかも、撥ねられた人が我が家の前に倒れたそうです。死亡事故にはならなかった様ですが、そんなことが起きたので何となく駄目な気がしました。

横断歩道を歩いていたのに事故に遭う。人間でさえ少々危ない道路なので、マイ・ディアは絶対に家から出しません!まあ、臆病なので出られませんが。

これから年末に向かって慌しくなるので、今一度、交通ルールはしっかり守ろうと思いました。

10 | 2008/11 | 12

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
09  08  07  05  03  02  01  12  11  09  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
The Garden
QR