服装は個人の自由ですが・・・

最寄駅へ向かう途中に急な坂があります。この坂を上り続けて○○年・・・お陰で、足腰は人より強いかもしれません。でも、体力の自信はないけれど。

朝、この坂を上っていると、たま~に外国人の白人男性二人組とすれ違います。どうやら出勤場所がこの坂下らしいのですが、この内の一人が・・・ちょっと訳あり困ったちゃんです。

服装は個人の自由ですが、この人・・・いつもスカートをはいています。

ちなみに、上半身は黒の皮ジャンにサングラスです。髪は黒に近い色でたまに後ろでポニーです。そして、スカートは明るい色合いの巻きスカートです・・・膝上十センチくらいの。

坂道を降りる度に、そこから白い太腿・・・というか生足が覗きます。そうでなくても、こちらは坂を上って行く身。嫌でも目につきます。

そして、相方はサングラスに普通のラフな格好です。いつも同じ人なので、これってもしかしてBLリアルver.などと、ときめいても良いのですが、少し年齢がいき過ぎています。

一度や二度なら、まあ、そういう気分のときもあるかも、と寛容に捉えられなくもないですが、何度も続くと、さすがにそうはいきません。あれは完全にあの人の趣味でしょう。

しかも、先日、その人を自宅近くで目撃してしまいました。場所柄(?)そこそこ外国の方も見かけますが、スカートをはいているのはあの人以外に考えられません!

あの人、この近くの会社に勤めているのかも・・・と驚きました。いや、その前に二人の関係についてもっと深く考察すべきです。

幾ら仲が良くても、毎朝、一緒に出社するなんて可能なのかな。あ~、別に好奇の目で見ているのでも偏見を持っている訳でもありません。ただ、純粋に興味があるだけです(笑)

もし、啓太が膝上十センチのスカートをはいて歩いていたら(この時点で、スカート男は受け決定)どうでしょう。女装でなく、普通にスカート・・・上はサングラスに皮ジャン、他は普通丈の靴下とカジュアルな靴。スニーカーは不可。ああ、想像出来ません・・・

でも、これは良い目の保養になるかも♪絶対領域というには広すぎますが、巻きスカートの合わせ目から垣間見える白い太腿は魅惑のひとときを提供すること間違いなしです。皆、瞬殺ですね♪

まあ、そんなことをしたら和希と中嶋さんが猛スピードで飛んで来るでしょう。二人にコッテリしぼられて、夜は確実にお仕置きです。あっ、和希のお仕置きっていうのは少し新鮮かも。その内、そんなSSも書きたい気がします(笑)

ああ、でも、当方の和希は甘いから啓太は苛められないかな。やっぱりその役は中嶋さん行きでしょうか。

・・・という妄想で頭が一杯になってしまうので、朝から顔がにやけてしまいます。本当に、あのスカートは目のやり場に困ります。

誰か助けて~、なんてね♪

 

夏なのに秋

雨が降ると、外出したくなくなります。あまり活動的ではないので週末は自宅でじっとしていたいのですが、陽気に誘われてふらふらと出掛けて、月曜日に疲れが残っていることも多いです。なので、梅雨は自分に枷を嵌めて外に出られなくする良い理由づけになります。

実は・・・って以前にも書いていますが、SSの在庫が危機的な状況にまで陥っています。本気で短編が足りません。調子に乗って遊び過ぎました(~_~)

在庫が三ヶ月を切った今、疲れただの、暑いだの愚痴らずにSSを書かねばなりません。まあ、『曙光』を連続してUPするので、夏の大半はファジーに誤魔化せそうです。その後は和啓長編が控えています。なので、今直ぐどうにかしなくてはならないという訳ではないですが、早めに追い込みをかけておくに越したことはないです。

・・・ということでSS創作の上で季節は既に秋です。全く・・・これから夏本番なのに季節感ゼロです。

そういえば、ちまちま書いていたR18仕様SSは・・・まあ、完成しました。まだラストが難ありですが、これを一周年記念SSにすることにしました。

思えば、八月で一年です。最初はトラブルの連続でした。HPだけ開いてSSがなかったり、転送ミスに気づかずに『冷たい身体 1』は書きかけの状態で曝していました(笑)

『What's new』はそんな恥ずかしい歴史の足跡です。誰も見ないと思いつつ、まめに書き込んでいます。完全に自己満足のみの部屋です。

取り敢えず、今月は最低でも未完の草稿をなんとかして、新しい短編の一本くらいは書きたいです。和啓長編の草稿も中盤で止まっているので納得のいくオチを目指して頑張らないといけないし、『曙光』後の中啓長編も考えないといけないし・・・とにかく、やることは山積みです。

だから、人の夏コミ原稿を手伝っている暇はありません!今度こそ、ビシッと言ってやる!でも・・・きっとまた手伝うことになるでしょう。

甘いよねと思いつつ、ああ、日陰に生きる我が身かな。

 

これもグルメ・・・?

主は氷食症です。

自宅近くのローソンを冷凍庫がわりにして、毎日の様に氷を買っています。缶コーヒー程度の値段なので、つい気軽に手が出てしまいます。

氷食症は鉄分不足のため・・・つまり貧血が原因です。しかし、今まで眩暈などは起こしたことのない、完全な健康体(?)です。

まあ、不規則な食生活の上に好き嫌いが激しいので仕方ないです。二十四時間以上も水分しか取ってなかったり、没頭して食事を忘れたりも日常茶飯事です。しかも、体調や精神状態が食欲にとかく反映されます。これでは栄養面にまで気を使っていられません。

なので、サプリメントをかなり(?)飲んでいます。ビタミンやミネラル類、少し前に流行ったコエンザイムなどを諸々・・・ちょっとしたピル・イーターです。

誰か、一日分の栄養素が一粒で取れるサプリメントを作ってくれないかな(笑)

でも、氷を食べることだけはやめられないでしょう。愛煙家がよく食後の一服は旨いと言いますが、その気持ちはわかります。小さなボールに氷を入れて、お茶と一緒にパリパリ食べているときこそ、まさに至福を実感します♪

ただ、これは家にいるときにしか出来ないので外ではコーヒーショップに駆け込みます。夏でも冬でも、そこでアイス・カフェ・ラ・テを買います。

すると、お店の意外(?)な顔が見えてきます。コーヒーの味は似たり寄ったりでも、美味しい氷と不味い氷を出すお店があります。

浄水器でろ過しても空気の含有量や凍らせた際の温度などで味は大きく異なります。同じ小粒でも、大粒をクラッシュしたかどうかでも違います。

こんな変なグルメもどうかと思いますが、一つのものを極めるタイプなので自分の活動範囲のお店は残らずチェック済みです。

そして、辿り着いたのがローソンで売っているニチレイの氷(600g)です。味、大きさ、硬さ、コストパフォーマンス・・・どれも絶妙なバランスです。同じローソンでも扱っていない店舗もありますが、自宅近くのはお店の方は氷が切れない様、常に補充してくれます。

有難うございます、ローソンさん。お陰で、快適な食後ライフが送れます(*^_^*)

でも・・・セブンの方がナナコにチャージ出来て便利です。クレジット機能はいらないから、そういうカードを作って欲しいな♪

 

お酒の雰囲気が好きです

どうも最近、プチ不眠症気味です。眠りが浅く、睡眠時間が短くなっています。まあ、そのお陰で、明け方までSSを書いていますが、少々身体がかったるいです。そろそろキープしてある杏露酒を飲もうかとも思っています。

杏露酒は色々なメーカーのものがありますが、やはり最もポピュラーな永昌源が一番のお気に入りです。チョーヤなどのも飲みましたが、永昌源と比べると味も香りもアルコール度数(笑)も薄いです。なので、キープしてあるのは、勿論、永昌源です♪

この杏露酒は実入りです。市販されているらしいですが、貰い物なので良くわかりません。大きな杏が四つ入っています。

アプリコット・ジャムならまだしも、杏の実はまだ食べたことがありません。なので、飲むのが少し楽しみです。

お酒は、あくまで二十から。SSでお酒ネタを使う度に、十代の人口はきっと少ないので大丈夫だろうと思いつつ、必ずどこかで言っています。まあ、今どき律儀に二十まで一滴も飲んだことがない人の方が珍しいでしょう。啓太も飲んだことがあると言って、実際、飲んでいます(笑)

そう、嗜む程度のお酒なら良いんです!あのセピアの甘い雰囲気で良い艶が出ます。だから、酔っ払いのぐでぐで話はNGですが(未成年にそこまで飲ませてはいけません)可愛い部類なら良いんです!

『陶酔』でもアルコールが強かったのは最初の一杯のたまご酒だけで、ホットワインはアルコールが殆ど飛んでいると明記してあります。まあ、ビールと紹興酒のブレンドで、かなり強いかもしれないけど・・・多少の火は通してあるし・・・

お酒はそれにまつわる話があってSSのネタにし易いです。『今夜は二人で』に使ったロゼ・シャンパーニュの意味も本当です。決して和希の願望ではありません(笑)

ただ、正確(?)には『今夜は二人で夜を過ごそう』・・・らしいです。個人的にワンフレーズ内で同じ言葉を繰り返したくないので、『今日は二人で夜を過ごそう』に変えてしまいました。

くどい様ですが、お酒は二十から。でも、こういう甘い展開があるからどうしても使ってしまいます。いや、使いたい!

ああ、今度は啓太に何を飲まそうかな♪

 

最悪、キスなしかも・・・

先日、友人とカラオケに行きました。新曲など殆ど知らないのに、大抵、月に一度は歌っています。一緒の友人は同士(笑)なのでアニソンが中心ですが、主は本編を見るのに手一杯で歌まで聞く余裕がありません。

なので、専らラルクとGlayとB’zです。最近はラルクが多いです。

取り敢えず、新曲の『DRINK IT DOWN』からスタートしました。これは『デビル・メイ・クライ 4』のテーマソングです。ダンテ役が森川さんなので曲の合間に『ダンテ~♪』と言いつつ、心の中で『中嶋さ~ん♪』と叫んでいました。

『学園ヘヴン』を恐らく知っているであろう友人を前にしても、未だに口に出来ない小心者です。

それから、萌え歌をポロポロ歌っている内に創作意欲が高まってきました。帰宅後、直ぐにPCを立ち上げ、書き掛けの草稿を出しました。しかし・・・駄目でした。きちんと展開が頭に描き切れていないと、どうにも手が動きません。

スランプ・・・とはいかないまでもまたしても行き詰まりを覚えてしまいました。

思えば、この草稿を放置して約二ヶ月。もうUP予定も決まっているのに、かなりの難産です。ここまで草稿が進まないのは初めてです。点と点を繋ぐ最後の線が書けません。

う~、ここさえクリア出来れば一気に仕上がるのに!中嶋さんの馬鹿~!

そう・・・『曙光』の最終話(?)です。話自体は既にその前で一応の完結を見せているのですが、これは『曙光 序』の対です。つまり『曙光 跋』・・・もうタイトルも書いてしまいます。内観などは『曙光 1』を書き初めたときから固まってましたが、躓いたのは最も予想外の基本的なところでした。

中嶋さんが啓太にキスしてくれませんっ!!

ハッピーエンドの最後はキスでしょう!これは当たり前の常識です!かつて『アンジェ』でもキスの寸止めで歯痒かったっていうのに、自分でそんなことをしたらいけません!なのに、どうしてキスしてくれないの?中嶋さんの馬鹿~っ!!

ああ、このままでは『曙光 跋』はタイトルと展開を少し変えて独立した短編にするか、最悪・・・キスなしです。

信じられない・・・中啓初の長編でキスなしなんて!

でも、今夜こそ、意地でも絶対にキスさせます!覚悟しなさい、中嶋英明!絶対、ラヴラヴ甘々なキスを啓太とさせてやるから・・・!

 

脱NHK宣言!

終に腹を括りました。『脱NHK』です!前回、まだ微細描写する勇気がなくて・・・と言っておきながら、さっさと踏み切ってしまいました。

今、ちまちまと書いています。まずは和啓です・・・敷居が低そうなので。

最初は普通のSSを創作するつもりでしたが、次の長編との兼ね合い上、ネタに若干の制限がありました。一応、長編と短編は同一時間軸の設定なので、そこで矛盾が生じるのもどうかと思い、未だ放置してある『曙光』の最終話(?)を書こうとしました。

しかし、やっぱり行き詰まりを覚えてしまいました。どうも話がしっくり纏まりません。これは元々想定していなかった部分なので、頭がのってきません。

そこで、最近の勉強の成果(笑)を示すべく、いよいよ微細描写にトライすることにしました。

実は次の長編には和希視点で少しだけ事中が描かれています。それとの対比も兼ねて、その前には書こうと思っていました。まさかこんなに早く手をつけることになるとは、ちょっと予想外です。

まだ草稿も半分ほどしか出来ていませんが、印象は甘いのは当然として、綺麗・・・かな。きちんと踏み込んで書いていますが、まあ、初描写としてはこんなものでしょう。

もっと生々しい艶を書きたい気もしますが、その辺りは中啓に譲ります。Adultな中嶋さんだからこそ出来る描写がある!いや、中嶋さんにしか出来ない!

・・・って和希も充分に大人ですが、和希は優しいのであまり啓太をハードに攻められません。まあ、啓太にしてみれば、違う意味でそれもまたハードなのかもしれませんが・・・

さて、これのUPはいつにしようかな。恐らく今週中には草稿が出来るでしょう。今のところ最有力候補は七月中~下旬頃です。しかし、八月にずれ込むかもしれません。

更新予定はいつもの様に『Salon』に書き込みますので、それを見て下さい。でも、あまり期待しないでね・・・♪

 

バナーを頂きました♪

先日、日頃から遊びに行かせて貰っている『終わりの始まり』のpote様にバナーを作成して頂きました。

このBlogで我が妥協と諦めの産物たるバナーのことを書いたら、態々素敵なバナーを作ってくれました。そのお礼に今日、再びpote様への献呈作品『幻想』をUPしました。

これは初のリクエストSSです。リクエストは『お仕置き後の啓太を愛でる中嶋さん』で、中嶋さん視点の甘さ200%(笑)でした。

最初に思ったことは、どうして啓太がお仕置きされたか、です。

そこを飛ばして、ただ事後のイチャイチャ話は中啓ではどうもピンときませんでした。冷たく厳しい中に垣間見える優しさを持つのが中嶋さんです。お仕置き後のラヴラヴの中に、ハードに攻め立ててしまった啓太への気配りと中嶋さんを怒らせた(?)啓太を諌める言葉が必要でした。

そのため、前半は中嶋先生(笑)になってしまいました。それを挽回すべく、後半は甘く艶っぽくを目指しました。

最初から二週間で仕上げるつもりでしたので、草稿からほぼ完成の状態になるまでの約一週間はそれに掛かりっきりでした。さらにUPまでの一週間は和希BDと平行して推敲していました。

UP予定のSSは、どれも殆ど推敲のみの状態に仕上げてあります。ただ・・・今夏以降は問題です。再び、短編の在庫が乏しくなってきました。

どうやら在庫が三ヶ月を切ると危機感が募ってくる様です。

また少しずつ短編を書き溜めていかないといけません・・・が、ネタが思いつきません。夏は嫌いなので状況設定が決まりません。季節ネタどころか季節感を入れた話さえ出てきません。どうしよう・・・

最近、汗臭い青春ものに付き合わされたせいか、頭が暑いという言葉を拒否します。しかも、更に恐ろしいことに『MAJOR』で夏コミが取れたそうです。またあの計画性のなさに振り回されなければならないのでしょうか・・・?

春先に書き溜めた以降、献呈作品以外は新しいSSを殆ど書いていないので、頭も少し鈍くなっているのかもしれません。諸般の事情を鑑みると、そろそろエンジンをかけないといけないかな。

・・・という訳で、今回の『幻想』ではキスシーンの描写にちょっと(本当にちょっとですが)踏み込んでみました。そろそろ微細描写(勿論、あれです♪)にもトライする?いよいよ『脱NHK』ですか!?

あ・・・いや、そこまでの勇気はまだ持てなくて・・・ゲームがR18なのに、未だにお子様サイトですいません。

しかし、映画でも何でもお色気よりは暴力描写に厳しいので、ちょっとやそっとでは主的映倫のR18にはなりません。『学園ヘヴン』PC版もR15以上R18未満ってところでしょうか。ちなみに、『ひぐらしのなく頃に』はR20にしても足りないくらいです・・・面白いけれど。

まあ、これ機に少し上(笑)を目指してみようかなと思います。

 

梅雨入りしました

とうとう梅雨入りしました。

この時期はジメジメして鬱陶しいですが、濡れるという情景はとても好きです。今までのSSでも三人に濡れて貰いました。これは他所様と比べても、また作品数に占める割合を見ても高い方だと思います。

濡れた姿は大きな萌えポイントです!

身体に濡れたシャツが張りつくのもセクシーですが、濡れた髪ほどではありません。水の滴る髪を物憂げにかき上げたり、あるいはそのまま・・・そんな姿にかなりそそられます。

なるべく同じ人を濡らさない様にして、状況も変えてはいますが、啓太は濡らせそうもありません。啓太は運が良いので、雨には濡れてくれないので。まあ、湯上りという手もありますが、既に和希で使ったし・・・そろそろ濡らすバリエーションが少なくなってきました。

そういえば、PS2の和啓編と中啓編にも濡れるシーンがあります。こちらもパーセンテージが高いです。もしかして、同士・・・なんてね♪

ああ、今、ふと海に落ちた啓太と中嶋さんのキスシーンを思い出しました。あれは甘くて、濡れていてとても印象的です。

こういうとき、絵があるって良いなと思います。言葉でそれを伝えるのは難しいです。SSでは肉感的な表現は多様しない様にしています。勿論、恥ずかしいというのもありますが、ここぞというときに使う方が話的に盛り上がるので。

ただ、最近はそんなお子様サイトにも艶っぽさが欲しいかなと思う様になってきました。いや、まだ微細描写までする勇気はないのですが、情景描写+αくらいなら良いかな、と。

最初の頃と比べると、気持ちが少し大胆になってきました。ああ、人間って成長するのね・・・

濡れ場はまだ書けそうもありませんが、取り敢えず、『Short short story』から始めようかな。あれは台詞だけなので、あまり抵抗がありません。今まで事前や事後(?)はありましたが、いよいよ事中にトライです(笑)

・・・って何かいつの間にか、濡れの意味が違っています。どうして・・・?

05 | 2008/06 | 07

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
09  08  07  05  03  02  01  12  11  09  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  01  12  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
The Garden
QR